お風呂での水のトラブル

お風呂での水のトラブルもいくつかの箇所で起こります。先ずは蛇口からの水漏れであり、そしてシャワーからの水漏れもあります。しかし、その中でも一番厄介なのは給湯器 水漏れでしょう。また、給湯器のトラブルの中でも一番多いのが水漏れだといいます。まず覚えておいてほしいのが、給湯器から水が漏れていても、即ち故障とは限らないことです。しかし、水漏れを放置しておくことはできませんので、きちんと対処しなくてはならないのです。

■どうして給湯器から水漏れするのか

給湯器が故障していなくても水漏れするとのはどんな時でしょうか。それは、いくつかの場合が考えられます。まず、給湯器を長期間使用せずに突然使った場合、内部の減圧を行うために水抜き栓から水を排出することがあるのです。次に長期間使用したために、パッキンなどの劣化により水漏れすることもあります。これは厳密にいえば故障とは言えません。経年劣化の場合は部品交換などで直りますが、そうでない場合は修理が必要になります。
また、整備不良によっても水漏れは起こります。特に新品での水漏れは整備不良の可能性が高くなります。ともあれ水抜き栓からの水漏れは心配はいりませんので、故障の可能性は低くなります。しかし、水抜き栓以外の部分からの水漏れの時には故障の可能性が高くなりますので、専門業者に見てもらいましょう。

■給湯器の水漏れ放置は危険

お風呂での水のトラブル、それも給湯器の水漏れは、放っておいてもすぐに壊れることはありません。多少調子が悪くても使用し続けることができます。しかし、もし水漏れが炎の近くで起こっている場合は問題になります。不完全燃焼になることがあるからです。本来、不完全燃焼を起こすと、給湯器は安全装置が働いて炎が消え、ガスの供給が止まります。ところが水漏れの場所によっては安全装置が働かない場合もあるのです。安全装置が働かずに不完全燃焼を起こすと、一酸化炭素が発生することになります。これは無味無臭で気づきにくく、知らぬ間に意識不明になっていることもあるのです。

■まとめ
給湯器からの水漏れは、水抜き栓からの水漏れであれば問題ありませんし、たとえ他の場所からであっても問題ない場合も多いです。しかし、炎付近からの水漏れは非常に危険であり、場合によっては死亡する危険もありますので、水漏れを起こしている給湯器はそのまま使用を続けることはせずに、必ず専門業者に依頼して点検をし、場合によっては修理、交換をするべきなのです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ