洗濯機での水のトラブル

洗濯機での水のトラブルも起きることが多いです。これはほとんどが給水、排水での水漏れです。良くある現象としては、洗濯機の下の床に水たまりができていることがあります。これには様々な原因があり、必ずしも水漏れだけとは限らないのです。そこで、それらの原因と対処法について考えてみましょう。

■水たまりの原因

原因としてすぐに思いつくのは蛇口からの水漏れです。次にニップルからの水漏れもあります。ニップルとは蛇口とホースを繋げる部品で、そのネジの緩みが原因で起きる場合があります。また、ニップルと給水ホースの間も要注意です。
洗濯機には給水と排水の二つのホースがありますが、それぞれのホースと洗濯機の間から漏れることがあります。あるいは排水ホースが短いためにそれを延長ホースでつないだりした場合、そのつなぎ目から漏れることもあります。また、排水エルボという排水口と排水ホースをつなぐ役目をしている部品がありますが、この間から水漏れをしていることもあります。これは差し込みが不十分だったり緩んだりして起こりますので、それを確認することで止まることもあります。
これら以外にも洗濯機の底から漏水していることもあります。これはホースが破損していたり、洗濯槽に異物が混入することで穴が開いていることなどが考えられます。

■水漏れ修理の方法

修理をする前には、必ず給水の元栓を締めて水を止めてください。ただ、元栓を締めると家全体への給水ができなくなりますので、それは覚えておきましょう。次に原因ごとに対処していきます。蛇口のナットの緩みが原因の場合はそのナットを締めれば直りますし、パッキンの場合は交換することで直ります。ニップルが原因の場合もニップル交換で対処できます。ニップルと給水ホースの間から起こる漏水は、パッキンに付着したさびやごみが原因のことが多いですから、洗うことで解消できます。また、給水ホースのパッキンの劣化が原因の時は、給水ホース自体を交換します。
排水ホースの漏水は、ホースの交換で対応します。排水ホースと延長ホースのつなぎ目からの漏水は、防水のビニールテープで隙間を埋めれば止まります。
洗濯機本体の故障の時は、水道業者ではなくメーカーに修理を依頼するしか方法はありません。

■まとめ
洗濯機も様々な場所から水のトラブルを引き起こします。また、一度起こったトラブルは再発する可能性もあります。そこでそれに対する事前の対策が有効になります。つまり、こまめな掃除や点検が有効な手段となるのです。フィルターや排水口、防水パン、ホースなどを定期的に掃除することにより、水のトラブルは大幅に減ります。
洗濯機からの水漏れが起きた場合、自分で直せる場合はそれでよいのですが、もし難しいと感じたらすぐに専門業者に依頼することで被害を最小限に抑えることができることを覚えておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ